• Master Fishcamp

ワークショップ・十勝川初冬アメマス編レポート Workshop of Winter-Lower Tokachi


初冬、十勝川、大型アメマス、

スイングか?リトリーブか・・・?

あくまでも、魚の生態、川の形態、

自然に合わせてマスを釣るのが、

北海道の鱒釣り。

Fishcampのテーマ。


ああしなさい、こうしなさい、

と偉そうに言うガイドや先生ではありませんので、最初は参加者それぞれのやり方があるならそれでOK。 違いや何か+αが必要であれば、こんな方法でどうぞというのがこのワークショップのスタンス。結果に違いが出たら、また新しい世界が広がるかな?と思っています。





こんな魚がコンスタントに釣れたら、

きっと楽しみも、理解もさらに深まりますよね。


この初冬の季節、産卵から1,2カ月後でしょうか、

コンディションも徐々に良くなり、

サビも抜けてきれいなアメマスが増えてきます。

ゲストの釣ったグッドサイズでした。



ただ釣りレポートなんてネット上にあふれていますので、自称釣り作家なりのちょっとした考察を。


この写真を見たら釣り人なら、糸が絡まった跡だと思うでしょうか?そうかもしれませんね。

ボクは定置網の一家の出生、船にも幼少のころからよく乗りましたから、ああ、これね…て感じなんです。背びれの根元を見てください。ひどく痛んでます。しかも真新しい。

定置網は複雑な形状をしていますが、

魚の行く手を遮る垣網、魚を誘導して溜まる身網

というので大きく構成されています。

網の目が大きく、小さな魚は網から逃げられるようになっています。

北海道はほぼサケ用の網です。

我が家では7~10㎝くらいあるかな。

で、このサイズのアメマス、

こんな感じで網目に掛かっちゃうことがあります。

慌てて逃げようとするんですが、

背びれが邪魔で逃げられないと思いきや、

暴れているうちに拍子でスルリ~と抜けるんですね。

こんなアメマスのように。


この写真を披露して知識自慢をしようって話じゃなくてですね、

つまり、このアメマスは釣られる前に海に居た?ってことなんですね。

この大きさでありながら、痩せ加減からすると、

おそらくこの秋に(9~10月)産卵は経験した可能性が高い。

ということは、産卵後に一度海に行っているわけです。

そしてまた川に。

おそらく冬の間中、この汽水域で越冬するものと思います。


ダムも障害物もなければ、

広範なエリアを行ったり来たりするマス、

それはアメマスなんですね。

釣り人視点で見たら、

産卵後に海辺、汽水で豊富なエサを食って、

だからコンディションもよく、

釣っていても生命感がずっしりと乗ってきて、

そりゃ、楽しいわけです。


そんなこんなの話を10年前のFlyFisherでレポートして

(最近、そんな記事見かけませんね~)

単行本にも大きく割いて執筆したわけですが、

それもこれも、この十勝川下流の、

この初冬の釣りが教えてくれたんですね。


もしまだお持ちでないようでしたら、

単行本「北海道の鱒釣り」(つり人社刊)もヨロシク。




今年は全体的に良サイズが復活気味じゃないでしょうか!?




  









よく曲がるロッドは、

釣って初めてその真価が発揮されます。

銘キャスター御用達?

WinstonのBoron3をこの秋から使っていますが、いいロッドですね。













© 2017. Fish Camp Hokkaaido is Proudly created with Masao Okumoto FlyFishing Writer of Hokkaido

  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram