​ABOUT ME

​フライフィッシングによるマス釣りというは、
ただの釣りではないと、私は考えてきました。
ただ食料を得るための釣りというには、
あまりにも「自然の姿を投影しすぎている」
という気がするのです。
たとえば、自然は食い散らかす対象でしょうか?
自然に生きるマスを攻略するために、
毎日のようにそのことだけを考え、悩み、
挑戦し、失敗し、成功し…
その釣りを介して、たくさんの経験を我々に与えてくれます。
得るものは人によって違いますが、
あえていうなら、釣りの結果、つまりは釣果こそが大切。
この遊びは魚を手にして、初めて完結するものです。
案外、意外でしょうか?
もちろん、いつもビッグサイズを求めたり、
たくさんの魚を釣ることを
目的にするわけではありません。
ですが、マスたちを触れることなしに、
マス釣りの醍醐味を感じることもないのです。
 
また、それと同時に、こうも考えています。
 
目指す一尾へと至るまでのすべての失敗と成功に、
結局は意味をあったと感じられなければ、
この釣りの深淵は見えてこない。
つまり、釣り人の世界観を広げることに
すべての意味はあるのだと。
釣り人の世界観、それは多くの人にとって、
幸福と言い換えていいのでしょう。
このサービスの目指すところは、
ゲストが目標に対して、歩み寄るすべてのことに
注意を払うのが、ボクの目指す理想です。
ボクの鱒釣りにはつねにキャンプがありました。
​少ない言葉では言い表せない理想です。
​ですからその提案も。
FishCampは、ゲストの釣り生活、
ひいては人生そのものを
豊かにするためのサービスを目指します。
釣果も、その途上にあるものも…。
 
 ベースキャンプ 
北海道虻田郡豊浦町高岡40
049-5405
FISHCAMP代表 奥本昌夫

© 2017. Fish Camp Hokkaaido is Proudly created with Masao Okumoto FlyFishing Writer of Hokkaido

  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram