​ABOUT ME

​フライフィッシングによるマス釣りというは、
ただの釣りではないと、私は考えてきました。
自然に生きるマスを攻略するために、
毎日のようにそのことだけを考え、悩み、
挑戦し、失敗し、成功し…
その釣りを介して、たくさんの経験を我々に与えてくれます。
 
また、それと同時に、こうも考えています。
 
目指す一尾へと至るまでのすべての失敗と成功に、
結局は意味をあったと感じられなければ、
この釣りの深淵は見えてこないはずだとも。
つまり、釣り人の世界観を広げることに
この釣りのもっとも得難いものがあるのだ、と。
釣り人の世界観、それは多くの人にとって、
幸福感と言い換えていいのかもしれません。
このサービスの目指すところは、
ゲストが目標に対して、歩み寄るすべてのことに
注意を払い、手助けをするのが、
私の目指す理想のプロフェッショナルなガイドです。
ボクの鱒釣りにはつねにキャンプがありました。
その世界観は、​少ない言葉では言い表せないですが、
きっとマス釣りとキャンプの相性の良さは、
多くの人に、幸福感を倍増させるものだとも思っています。
​ですからその提案も。
FishCampは、ゲストの釣り生活、
ひいては人生そのものを
豊かにするためのサービスを目指します。
釣果も、その途上にあるものも。
ガイド経歴
1969年、北海道南部の豊浦町で、サケマス漁の漁師のもとに生まれる。
1994年、札幌市の北海学園大学卒業。
1994~1995年、オーストラリアからオランダまでほぼ地続きの旅をする。
1997年、海外と、東京、北海道を転々としながら、
    フライフィッシングとキャンプ、雑誌等執筆・撮影連載、
    『北海道と世界釣り歩きキャンプ生活』に入る(ほぼ15年間継続)。
    
    主な代表連載:
「北の大地とマスたち」
「深夜釣特急~サンフランシスコ発アラスカ行~」
「DEEP ALASKA」1~2章
「FF.バックパッキングの旅NZ編」
「パタゴニア荒野釣行」
2010年、「北海道の鱒釣り」(つり人社)上梓
​2014年、DVD「イトウ戦記」(つり人社)制作
2021年、「釣り+キャンプガイドブック」(つり人社)制作
ノースアングラーズ誌(つり人社)連載
​パタゴニア日本支社ウェブサイト・クリーネストライン記事
シマノ「FishingCafe」にて紹介記事など
 
 ベースキャンプ 
北海道虻田郡豊浦町高岡40
049-5405
FISHCAMP代表 奥本昌夫

5143GATd1vL.jpg