top of page

スローな秋が進行中。

夏から定期的に大雨、増水、濁り…続きの北海道ですが、諦めずになんとか、なんとか、ガイド継続中。

10月、川では例年通り、エルモンヒラタカゲロウのハッチパラパラ、スピナーが午後に舞い始めます。この辺りはコカゲロウはもうちょっと後ですね。


今回、ゲストにはスペシャルなボディカラーのウェットフライを準備して頂き、これがうまくハマりました。ヒラタカゲロウ水中羽化タイプ。魚のいる場所を特定して、流し込みからのスイング(浮上ぎみ)に、スレっからしの大型トラウトも思わず反応してくれたようです。

フライが流れ込んだ瞬間、バシュ!と水面を叩く尾ビレ。ジジジッーとラインを引き出して走るレインボー。これ、大きいよ…。

大物慣れしたゲストにも一瞬緊張が走ります。が、FishCampオススメの10ftロングなシングルハンド利点を巧みに利用して、岸に寄せます。寄せたはいいけど、それから何度も何度も走られまして、スマートなバーブレス派の我々は少しドキッとしますが、無事にランディング。50cmオーバーの秋太りした見事なオスでした。

魚も良かったですが、川選び、ポイントの読み、ウェットのスイング流し込み、うまくハマった快感にゲストと二人、余韻に浸るガイド日でした。川の写真はあくまでイメージです(笑)



閲覧数:272回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Комментарии


bottom of page