top of page

プレシーズンの楽しみ。



本格的なガイドシーズンの前は、

融通の利く自分の釣り、取材の釣り、友人との釣りと、

あわただしくなる前のノンビリとした釣りを楽しみます。

夕日に向かって懐かしのピーヒャラ笛を吹く中年の二人。

ちなみにゲストはデルタシューティングの戸澤求さん。


渓流や湖ではトラウトは高活性になる前。

ニジマスは産卵がらみの個体が多くて、

明確に避けられる!という自信がなければ、

ガイドとしてもやらないようにしています。

魚が減っちゃうことは死活問題ですしね。

なので、相手はアメマスちゃんたちです。

なぜにちゃん付けなのかというと、

僕が釣るのはほぼカワイイサイズだから!



今回はどこでも尺前後のアメマスばかりでしたが、

まぁ、90㎝が釣れる時もあれば30㎝もある、

というか生息数を考えると、そっちの方が圧倒的に多いという、

当たり前の話に過ぎないのかもしれませんね。


しかしこの季節はそれでもいい、と思わせる春爛漫のノンビリとした、

美しい景色に出会いに行くわけです。

ならば、街のビジネスホテルよりも、自然の囲まれたキャンプがいいのです。

荒野もあれば、桜満開の湖畔のキャンプもある。

釣りキャンプは最高です。



閲覧数:151回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page