top of page

3月のライズ

条件が揃わないとなかなかお目に掛かれない、3月のライズ。

ライズとはいっても散発的なものではなく、

本格的なマッチングザハッチの釣りです。

野性アメマス、水生昆虫の羽化、ドライフライ、

スローな流れの中で、水面近くに浮かんだ、4~50㎝クラスが

パクパクと、しかし、偽物や怪しいものは食わないという、

本格的なライズの釣り。

そう、まさに「The Fly Fishing」。





フライフィッシングのもっともエキサイティングなシーンといえば、

過去の偉人たちから続く、まさにこのライズの釣り。

ライズを脇目にしながら、ドキドキする感覚は何十年たっても、

何百回と体験しても変わらず良いものです。


放流されたニジマスもファイターとしてはいいのですが、

北海道のネイティブと言えば、アメマス、

しかも50㎝前後が、水面のムシを食べてゆったりライズですよ?

海外とまではいきませんが、

これほど価値のフライフィッシングが日本で、北海道で体験できるなんて!

というイチオシの釣りです。

魚が、群れがいれば、ですけどね…笑


以前撮っていた動画でイメージ映像を作りましたので、ご参考にしていただければ。

来年のガイドも、すでにご予約お待ちしております。




閲覧数:215回0件のコメント

最新記事

すべて表示

注意事項追加しました。

これまで常識的なご判断でお願いしていたつもりでしたが、 良い釣りをした場所に、知人を連れてくる、 別のガイドを連れてくる、(どちらも未遂) と言う行為を行うゲストが出てきました。 一応丁寧に説明をしてはみましたが、 ちょっと頭を抱えてしまいました。 たしかに、川は誰のものでもありませんよね。 ですが、ゲストに提供した釣りには、釣り場の情報そのもの、 その所有権を提供はしていませんし、そこに公共性は

Comments


bottom of page