top of page

新年のご挨拶

昨年はそれまでにも増して、多くの方にFishCampをご利用いただき、

誠にありがとうございました。

事業開始から5年、コロナ禍ということもあって、

集客には本当に苦労をしました。

3年たって年間50日を遥かに超えなければ

続けられないという計画を立ててましたので、

モロにかぶったコロナによる行動自粛は青天の霹靂というやつでした。



その中でも徐々に続けてきてくださるゲストの方ができ、

中には年に数度訪れてくれる方までいらっしゃり、

という事はそれなりに満足して頂けているという証なのかと

思えるようにもなりました。

そんな中で、

釣れる魚がそれなりのサイズでも、十分に楽しんでいただけるゲスト、

ガイドとの釣りが楽しいといってきてくれるゲスト、

そんな方々に支えられて、なんとか今年もガイドが続けられそうです。

キャンプの稼働率は3割程度ですが、こちらも少しずつ参加者が増えてきました。

急激に増える必要もなく(対応できない…)、ジンワリとリピーターが増えるのが

ボクとしても嬉しい限りです。

日中に歓喜するシーンを二人で目撃して、それをキャンプの焚き火を囲みながら

ああでもない、こうでもない、と体験を再共有するのがいいのです。


ところで、夏にはボクの二冊目になる単行本が発売の予定です。

ガイドとしての今日までの軌跡、フィッシングガイド業とは?

なんてテーマを仰せつまりましたので(実際には合議ですが)、

そのような内容になりそうです。

半分は海外釣行も含めてflyfisher誌で長く書いた連載を再筆しようかと思っております。

ネット全盛のこんなご時世に、まだ本を書けるチャンスがあるとは。

自費出版とかクラウドなんちゃら方式ではなく、正式な印税契約です(万歳)


今年はまたそれとは別に、大きな大きな使命の年でもあって、

フィッシング事業者として、これまで誰もなしえなかった壁を乗り越えていこうと思っています。詳細はまだ明かせませんが、釣り業界的には

ちょっとした衝撃になるかもしれません。

ボク個人だけではなく、ご理解のある経済界の方、

行政の偉い方、政治家の方々のお力などをお借りしつつ、

僕自身がこれまで養った英知や経験を基に、一歩ずつ、踏み外さないように、

先週も今週も進んでおります。まさか自分にこんな交渉術があるとは!?

春くらいには発表できればと思っております。

こちらもご期待ください。


なお、システム上中途半端な形になっていた、会員登録は、ガイド・ワークショップの

利用者のみという登録に変わっております。本名登録のみです。

知らない人が見てもしょうがないですしね。

あっ!?というような情報はさほどないですが、

より具体的かつ有用な会員制度を目指しております。

こちらもなにとぞ、ご登録の程よろしくお願いいたします。


それでは本年もよろしくお願いいたします。







閲覧数:107回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page