• Master Fishcamp

セミからバッタへ

今年は北海道もいつまでも続く夏のような天候。

川辺に立つと、しかし、

あの騒々しいほどのセミの鳴き声が、

まったく聞こえなくなったことに気が付きます。

いくら暑い日が続いても

セミの寿命が延びる訳ではないのでしょう。


代わりにでもないのですが、

河原に足を踏み入れると、あたりの草木からは

一斉にバッタが飛び立つことがやけに気になるのです。


目立つ大きなトノサマバッタ、

バタバタと羽を広げて飛ぶ様子を目で追いますが、

バッタも川面を目にすると、途端に方向を変えて、

水面への落下を避けようと、急カーブを描いて落下。

なかなかのコントロール力、目を見張るものがあります。

 

バッタのフライフィッシングを強く意識するようになったのは、

モンタナのビッグホール・リバーでした・・・・。



そんなバッタ話とキャンプを交えたストーリーを

次号のノースアングラーズ誌の連載に載せました。

ご興味のある方はお手にとってどうぞ。





167回の閲覧1件のコメント

© 2017. Fish Camp Hokkaaido is Proudly created with Masao Okumoto FlyFishing Writer of Hokkaido

  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram