top of page

秋のガイド、空きあり。2パターンご紹介


秋の渓流、ニジマスのガイドプログラムを2パターンご紹介します。

今シーズンは十勝地方にキャンプを張っておりますので、

こちらでのご案内になります。


※Available

9月17-19日の連休に空きが出ました。道北、十勝、両対応できます。

10月1-2日(土日)、

10月4-6日(火-木) 十勝、ゆったりとした流れでガイド空きあり



FishCamp的なプライオリティ、

まずはドライを結ぶ。


ライズを探して、あるいは、魚が潜んでいるポイントを探りながらの釣り。

シングルハンドロッド、4~5番、9ftの釣り。


まずは夏~秋の定番、ホッパー・パターンを結びましょうか。

川の中央から、ヘリに張り付いている大物を探します。

うっかり、ライズでもしてくれたなら、ライズハンターの餌食。

ただし、アプローチはほぼクロスになりますので、

ティペットはうんと長くしますよ。

フライは、流下なければそのままホッパーで、

黒いフォームのクリケットとか。

それを魚のポイントよりも1mは先に落とします。

見たことのないフライなら、一発で、しかしゆっくりと口先が出てくるでしょう。

落とす場所が肝心です。岸際ギリギリ。15㎝違うと出てきません。

あと、頭上に落とすのは、絶対ダメ。


流下があれば、面倒でもフライ変えて、それに合わせましょう。

朝はゆっくり遅く川に貼りますから、日が高くなって

メイフライのハッチがあるかもしれません。

運が良ければ、マホガニーダン14番か、ヒラタカゲロウ14番がパラパラ。

午後遅くにスピナーフォールが見られるかもしれませんね。

ですが、確実なのはビートル16番あたりです。

そうそう、今年は秋にヒゲナガが出るかもしれません。





もう一つのパターンは、釣り下りながら、ダウンクロスでヒゲナガ・パターンで

『ナチュラルドリフト&スイングをさせるドライ』の釣りです。


2~30mの川幅をシングルハンドやスイッチロッドで攻略です。

水面上や、直下を走るフライを負い食いするシーンが最高です。

下流へのアプローチですので、

下流に下っていけばリールが大逆転。

これも興奮の秋の釣りです。

ヒゲナガが出ていないと成立しにくい釣りですけどもね。






閲覧数:420回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page