top of page

2024予約受付中。価格調整しました

更新日:2月18日

2024年シーズンのガイド予約受付をしております。


シーズンごとのハイライトのレポートを、

冬の間中に順次アップしていきます。

こちらもご期待ください。

ですが、ご予約は早い者順。お早めにご計画を。

今日は触りの部分のみご説明いたします。


5月中旬から7月中旬までを

『プライム・フィッシング』と称してご案内しています。

さほど歩行をしない平地流、水生昆虫のハッチ豊富、

ライズ狙い、虫のサイズに合わせたドライフライの釣りは

一度体験するとちょっと他では味わえないと大変好評で、

ここ数年ご体験の方々は、

昨年からすぐにご予約をしていただいております。

現在はこのプレミア、ほぼ予約で埋まっておりますが、

キャンセル等が出る場合がありますので

このご機会にぜひ、ご体験していただきたいところです。


6月中旬、モンカゲロウダンを加えたバンク際の一尾。

このサイズがゆったりライズして、渾身のフライへ出るとたまらないですね。



同じエリアのライズの釣りは、

10月中旬から11月初旬も安定しております。

昨年は高温の夏秋を経たせいか、かなり始まりが遅くなりましたが、

10月13日頃から11月7日までは

フラットな流れで、シビアなしびれるライズ攻略を楽しめました。

お昼頃から4時位までと時間は短め、

秋ののんびりした空気とご一緒にお楽しみください。

こちらはまだ空きがありますので、オススメです。


案外シーズン初期に目立つのは14番のカディス、マダラ、モンカゲロウ、ヒゲナガ、テレストリアル、

秋は逆にカディスから小型メイフライへと攻略フライは変わっていきます。


7月中旬以降、9月後半までは、道北の渓流をご案内。

最近は北海道も暑いですが、標高500m付近から上の渓流、

バックウォーターなどです。

森に囲まれたいわゆる渓流で、

大型レインボー、大型アメマスをビッグドライで引き出す釣り。

テクニックになりますが、渓流の歩きが増えます。

近年は大変擦れてきまして、

フライ選択、ローテーションが非常に有用になってきました。

ポイント選びも、ガイドの腕の見せ所ですね。




ややスローになりがちな晩夏~秋シーズンは

ドリフトボートで下りながらもオススメしています。

ドリフトボートは、一般の地元釣り人との摩擦緩和のため、

今シーズンも期間限定です。

ハイシーズンの週末は、中流域では不可ですが、

ご希望の方はご相談ください。

ウェットフライ(やはり水生昆虫)のスイング派には、ドリフトボートでポイント探しも人気になってきました。



さてガイド料金ですが、昨今の物価高騰、主に燃料代費用の捻出、

車両の減耗に対する修理費用捻出のため、

季節ごとに若干の値上げさせていただきました。

自分でも驚きましたが、車両関係費用が売上げの3割も占めており…。


プライムシーズンは

ウェーディング(車移動&歩き)ガイド料金、

お一人の場合4,5万円

お二人の場合、お一人3万円×2名分

となっております。


ドリフトボートによる川下り&ポイント移動は、

お一人5,5万円、お二人7,5万円です。

詳しくは、価格・空きスケジュールページをご覧ください。

価格表は英語との併記になっており分かりにくいですが、

ガイド価格は、上段と下段、PrimeとNormal時期で異なります。


ノーマルシーズンは、これまで通りの価格(場合によっては昨年より若干お値下げアリ)

引き続き、ウェブサイトも時々ご覧ください。


静かに小さくライズしていたワイルド・ボウ。ドラグの掛かったフライは無視。ダウンクロスでうまく流し込んだ小さなダンをくわえると、一気に下流に猛ダッシュ。60㎝ちょっと、昨年のベストレインボーの一尾、放流の痕跡がないのが良いですね



+キャンプの内容・価格ですが、これは少し悩みました。

FishCampのフラグシップ的なサービス、

自然の中で生活する非日常の世界を堪能できるサービス(いいですよ)。

できるだけ多くの方にご体験はしていただきたいですが、

準備、後片付けにと、ガイドの倍ほどの仕事量。


車の運転や山岳渓流などの歩行を伴う、いわば安全に関わる項目ですので、

万が一のことが無いように、ホストの負担緩和のため、

実行数を絞る目的で値上げとさせていただきました。


初夏と秋の十勝エリアは、ほぼこれまで通りです。

すべてレンタルで手ぶらキャンプ可能。

キャンプ食材ですが、これは一泊分のみとし、

二泊目がある場合は、外食、コンビニ等利用しましょう。

食事は提供できないので、立ち寄った店で各自ご購入で。


道北エリアも専有キャンプ、特別なキャンプを目指して探しております。

可能となればまた告知してまいります。




7月中旬から9月中旬までの道北方面では、

専有キャンプ地が出来るまで、当面の間、

『シェアキャンプ』という形式にしました。

これは、キャンプの設営をご自身でして頂く形式です。

指定するキャンプ場にキャンプ道具をご持参ください。

こちらからは、やはり自身で使う物のみ持ち込みますが、


グランピング形式のスタイルもご相談に乗りますが

下準備のため、前後二日分のガイド料金が発生する見込みになります。

料金は(ご希望の食材等により)、お一人ご一泊25万円!からになります。


上記、ご不便をおかけしますが、ご了承ください。


十勝の専用キャンプでは川辺のサイトから、ハッチの様子やライズを眺めたり、ちょっとフライを飛ばしてみたり。

都会の日常生活から隔絶されたような、のんびりとしたお時間をお過ごしください。



というわけで、

今シーズンの渓流ハイシーズンは、5月連休後半のブラウントラウトの川から。

夏場の釣りもいいですが、とにかく釣り人が多くて春中心。

ニセコが近いので盛夏もときどき外国人などでやります。


もしゴールデンウィーク、暇だなぁどこか釣りにでも…と思ったら

この機会にご体験していただきたいところです。













閲覧数:192回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page