top of page

ドリフト・フィッシング

ドリフト・フィッシング、始めました。

安全性の高い日本製のラフトボートで、比較的に川幅、水量のある川を下りながら、

ライズを見つけたり、良いポイントに来たらウェーディングで、

またはボートの上からフライを投じて、大物を探します。

ボートの真ん中にガイドが搭乗してオールで操船、

ゲストは一人の時は前の座席に乗船、二人の時は後ろにも乗ります。


12ftの小型のラフトボートですが、ハイパロン製の本格的なホワイトウォーター用で

まず転覆することは稀ですので、安心してお乗りください。

基本的に、釣り人が歩いて入れない区間ですが、釣り人が下流にいる場合は、それを避けて通過、あるいはいったん降りて、狙いの後ろ側を歩いて通ります。釣り人同士のマナー対策にご協力をお願いいたします。運航の曜日も平日が中心になります。



釣り人があまり入れない区間は、元気でアグレッシブな魚が多いのも特徴ですね。静かにバンク際でライズしている大物。そんな痺れるシーンを見つましょう。ガイドはライズポイントもよくわかっているはずです…。

良好な瀬をウェットフライでスイング、反応の良い魚なら一発で食いつくかも!


16年前のアラスカ。上流の湖に水上飛行機で降りて、ラフトを組み、流れだしから河口までの釣り旅。一週間くらいですね。ヒグマの超領域ですけど。オトナのオトコのアソビ。

ラフトとフレームの組み立ては、ガイドが中心になってゲストも一緒になって手伝います。

ビールが山積みでした(笑)


アラスカの夏の川は、レインボーやグレイリング、それにドリーバーデンがガンガン来ます。ドリーバーデン、北海道ならまさにアメマスの生態と同じで、春に海に降りて、夏を海で、終わりころにサーモンと一緒に遡上してきて、エッグをガツガツ食べています。なので、エッグパターンが簡単ですが、それよりも面白いのが、エッグサッキングリーチ(ストリーマー)でスイングさせる釣り方。でかいのが来るわけです。ちなみにこのドリーはアークティックカハーではないです。北米のアークは、ほとんどが湖に生息とのこと(蛇足ですが)。


16年もたってから、ようやくボクも自分のラフトで仕事が出来るようになりました。


お一人様1日50,000円~



閲覧数:141回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page