風の大地へ パタゴニア放浪記Ⅰ 前編FC-J (FishCmap-Jounery & Jounal)シリーズ 1999年の旅から



1:風の大地へ

 何もない荒野でバスを降りると、まっさきのやって来たのはとてつもない強風だった。空を彩るレンズ雲が西から東へ忙しく流れる。ここはアルゼンチン南部、パタゴニアの大地だ。

それは想像以上の強い風。川辺りに張ろうとした私の小さなテントは、ちょっとした油断で、地の果てまでも飛んでいきそうだった。必至でテントを抑えながら同時に少しうれしくもあった。こうでなくちゃいけない。こんな辺境まで来たんだから、普通の強い風くらいなら期待外れというものだろう。

 空に舞いそうになるテントの端をしっかりつかみ、ペグを風上から順に打ち付けて固定すると、パックの中身を素早く中に入れ、自分も狭いテント中に入り横になった。夕方6時を過ぎたというのにまだまだ日は高く、風は一向に止みそうになかった。イブニングが始まる前に夕食を済ませておく。今日は久しぶりに米を食べると決めていた。MSR社製のガソリンストーブでコメを炊くのは至難のわざ。付きっきりで火加減を見ていないと、すぐに焦げ付いて飯の半分が黒焦げだ。食料は節約しなければ釣りの出来る日が減る。

 サイドデュッシュはサーディンの缶詰に醤油とコショウをたらしてょっとだけ焦げ目をつける。前菜は乾燥マッシュポテトに溶けかけたマーガリンをのせる。もちろん、紙パックの白ワイン付き。自分で言うのもなんだが、荒野の中としてはなかなか豪華なメニュー。おっと、鶏のスープも忘れずに。たっぷり食べて、長いイブニングの釣りに備えるつもりである。目の前のリオ・ペニテンテには、大物のブラウンが潜んでいる気がしていた。

 長い長い旅の末に、フライで楽しめるまもともなマス釣りの川、川辺のキャンプサイトを見つけて腰を据える。ようやくパタゴニアで満足な釣りが出来そうな予感。それにしても長い移動を繰り返してきて、身をもってパタゴニアのスケールの大きさと、釣り場を探してほっつき歩くという、素晴らしく?自由な釣りキャンプの旅。底抜けの自由。河原でキャンプをしても、銃で撃たれることも、警察に連行されることも、SNSで炎上することもない。

 だが、その自由さの代償というべきなのか、旅を始めて三カ月近くが経とうとして、何尾の魚を釣った?と聞かれたら、アッハッハと笑うしかない釣果。でもそれで十分に満足していたのだ。

 三カ月近くも日本の家に帰っておらず、部屋に届いている請求書の数を考えると、不安はちょっとあるが、この初めてのパタゴニアの旅がどれほど充実した日々だったか。とにかく、もう終わりに近い。だからまだ何もかも忘れて、川の大きなマスの事だけに集中しよう。日暮れにはプライムタイムが始まるはずなのだ…。


2:パタゴニア

 南米大陸の南部を大きく占める「パタゴニア」は、南緯40度以南の地域の通称。チリとアルゼンチンの二つの国にまたがり、西側のアンデス山脈とフィヨルドの山岳地帯、東側の乾燥した平原地帯が特徴的な地域である。厳しい気候と局地のために開発の遅れた、人口の希薄な僻地とされている。「僻地」とか「荒野」といった言葉に個人的な憧憬はあるものの、この地域に特に関心があったのはマス族が生息していたからに他ならない。しかも他の国ではあまり見られないブラウン・トラウトの仲間である降海型「シートラウト」が遡上する地域としても世界でも屈指のフィールドである。

 90年代の後半から数年間このパタゴニアへの旅を計画していた。だが日本ではまとまった情報がないことが大きな