CONCEPT

 

当サービス FishCamp 

フィッシングガイドを主体のサービス。

ガイドのみ、+キャンプがあります。

 

ホストは奥本昌夫。

20年以上に渡るフライフィッシング業務での

経験を元に、

​サービスを提供してまいります。

TOPICS

GuideNews

10月~11月

本流イトウ・ガイド空き有り

天塩川、猿払川本流のイトウ。

​ツーハンドによるスイングの釣り。

本流イトウは晩秋から初冬に、

もっともたくましさ、美しさの出る魚。

釣りはタフですが、水の冷たくなった季節の川で(あるいは湖で)、感じるものすべてが、イトウの釣り。

コテージやキャビン、もしくは晩秋のキャンプ、お申し込みをお待ちしております。

9月~10月前半

ガイド空きあり。

渓流、中流のニジマス。

​スイッチ、​シングルハンドスペイ

渓流ニジマスのラストシーズン。

ライスを見つけての釣りになる可能性が高いですが、一日の釣り時間は短いです。9~15時くらいまで。

 

スイッチロッド、10ftロングのシングルハンドで、スペイ、スカジットキャストで、秋のニジマスが好調。

フライはストリーマー、ウェット、そして大型ドライフライでも!

安心してガイド、お申し込みください。

9月後半から10月前半が旬です。

お見逃しなく。

9月末~11月

   秋のレイクフィッシング。

  ドライフライからストリーマー。

然別湖、阿寒湖、屈斜路湖、支笏湖、他、ダム湖など。対象魚は、ほぼレインボートラウト。コンディションよく、好天時には遅くまでドライフライにも反応します。10ft前後のシングルハンドによる静かな釣りがおすすめ。

11~12月

​十勝下流域・本流アメマス

北海道が誇るネイティブ。

大きな本流で、スイングで釣ることができる、貴重なトラウトがアメマス。

しかも最大90㎝にもなるこの魚、

たしかに、個体は減りましたが、

川と区間を選び、的確な釣り方であれば、

一日に一尾~二尾という釣果でも

十分に楽しめます。

 

14ft前後の長いツーハンドロッド、スカンジ及びスカジットのシステムで、広い川の中を探ります。

産卵が終わった11月以降12月一杯、

初冬の川が舞台です。

​暖かいホテルや温泉に泊まって、あるいは、もちろんキャンプを選ぶ猛者も歓迎します。

TROUT CINEMA

© 2017. Fish Camp Hokkaaido is Proudly created with Masao Okumoto FlyFishing Writer of Hokkaido

  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram